交通事故のケガを整形外科で治療する

家の外に一歩出るだけで、誰しも突然交通事故に遭う可能性があります。相手が存在するケガなので、病気で病院にかかることとは違いがあります。もしも被害にあったらその後どう対処したらいいかを普段から頭に入れておくだけで、とても役に立ちます。

また整形外科によって治療法は若干異なるため、事前に交通事故に詳しいところを調べておくと安心です。関連リンク|弁護士法人アディーレ法律事務所 - 交通事故 弁護士


むちうちになった時

交通事故によるケガの中でも、一番多く見られる症状がむちうちです。特に追突された時には、受け身が取れない状態でいながら後ろからの強い衝撃が加わるため、首に大きな力がかかってむちうちになります。むちうちは見た目では判断ができず、しかも数日経ってから痛みが出てくるケースが多いため事故現場では見過ごされてしまうことがよくあります。

たいていの場合は数日経ってから頭痛やめまいが起き、首や肩のこわばりなどの異変に気がつきます。重症だとしびれが起きて、何年も長引いてしまうこともあります。そのため少しでも違和感があったら、外傷がなくても整形外科で診察を受けることが大切です。

整形外科ではまずレントゲン撮影を行います。事故の衝撃で頚椎に異常があるなど、骨に関することはレントゲンで分かります。また筋肉や神経の損傷には、MRI検査が向いています。レントゲンには写っていない別の問題が分かることもあるので、MRI検査も同時に受けておきます。

さらにCTを取ると別の角度から体内の異常がないかを発見でき、骨の異常が見つかります。交通事故の後にむちうちかもしれないと思ったら、このような検査であらゆる角度から調べておくと早めに異常を発見できます。

保険について

交通事故によるケガの治療費は、最終的には加害者側が支払うことになります。

交通事故の治療で整形外科にかかる時には手続きのパターンがいくつかあるので、最初に交通事故での怪我だと整形外科にはっきり伝えておくと、その後の支払い手続きもスムーズです。

事故にあった後、病院には被害者だけで通うパターンが多いので、その場では被害者が治療費を一旦支払うことになります。その際には、整形外科で自分の健康保険が使えます。そして治療を受ける時には「第三者行為による傷病届」という書類を提出すれば一時的に健康保険を使って治療を受けられ、交通事故の後に病院に行っても急に高額な治療費を請求される心配はありません。

大切なのは最初に交通事故によるケガだと病院にはっきり伝えておくことです。そうすれば病院での保険の手続きは問題なく終了します。

整形外科の選び方

たくさんある整形外科の中から一つ選ぶのは大変ですが、交通事故によるケガに詳しい病院を選ぶととても頼りになります。一度電話などで病院に問い合わせをし、交通事故に遭ったことを伝えた上で通院した方がその後も安心して通院できます。

中には弁護士事務所と連携している整形外科があります。交通事故の後は保険や補償のことなどで加害者側とやりとりすることも多く、そんな時に思わぬトラブルが起きることもあります。交通事故による患者さんの治療に力を入れている病院では、治療だけでなくそのような揉め事にも対処している場合も多いため力になってもらえます。

また自分で整形外科を選ぶのに気をつけたいのが、一人でも行きやすいところにあるかという点です。交通事故に遭ってケガをした状態での移動はとても大変です。自宅に近いこと、または職場や学校に行くまでの途中にあって立ち寄りやすいことなどを考えた上で今後通う整形外科を決定します。

整形外科に通うメリット

整形外科のいいところは、専用の医療器具がそろっていて精密検査が受けられることです。そのため事故の後に違和感があって整形外科に行って検査してみたら、自分が感じていた部分とは全く違うところに異常が見つかったということもあります。

そのことに早く気がついて適切な治療を始めるためには、深い知識と経験のある整形外科医にかかる必要があります。ケガの症例を多く取り扱っている医師に治療してもらえば、その分体が回復するスピードも早くなります。

また整形外科で対応している医師は、国家試験に通った有資格者です。エキスパートが検査や治療にあたっていくため安心して通える上、何かあれば対処してもらえてとても頼りになります。

また整形外科の医師は、事故の怪我だけでなく様々な症例を取り扱っています。

その分異常があればすぐに発見して治療に移れます。そして万が一事故後に損害賠償請求や障害認定を行うことになった時には、整形外科の医師の診察を受けた結果が必要です。思いがけないことが起きても何かの時に対処してもらえて安心です。

リハビリで回復力を上げる

整形外科でケガの治療をした後には、リハビリを行うことがあります。それにより早く日常生活に戻ることができます。例えばむちうちになると、最初は筋肉の炎症が収まるまで湿布等で筋肉を冷やし、コルセットを装着して首にかかる負担を軽減させます。

そして患部の炎症が引いてきたら、今度はこれまでの間に固くなった筋肉を元に戻すため、温めたりけん引を行うなどのリハビリをします。他にも特殊なレーザーを患部に当てて温めることで血行を良くし、痛みを少しずつ減少させるリハビリもあります。

またウォーターベッドを使って患者の全身をマッサージしていくやり方や、低周波治療で痛いところに働きかける方法もあります。このようなリハビリを行うことで、日常感じている痛みや痺れは楽になり、交通事故でのケガが回復したら日常生活を送れるような体づくりをしていきます。

後遺障害について

交通事故の後に長期間治療を続けてもあまり回復が見られない、もしくは痛みが増して日常生活が送れないこともあります。そして中には事故の後遺症に苦しむ人もいます。後遺障害は、交通事故のケガがこれ以上回復しないと医師に判断された症状のことです。

認定を受けるために必要なのが後遺症診断書です。これは整形外科医であれば用意できます。後遺障害は症状の重さによって等級が変わり、支払われる保険金額にも差が出てきます。後遺障害を認定してもらうためには、整形外科医の元で正確な診断を受けます。

そして認定を受けるために、早い時期から弁護士に相談をし手続きを進めることも必要です。事前に相談をしておくことで、認定を受けるためのアドバイスももらえます。